この記事の所要時間: 135

サイトの表示速度が検索順位に影響するということは、ご存知の方も多いと思います。
ページ速度改善策の中でも効果的だと思われるGzip圧縮について、設定方法紹介します。

サイト表示速度の重要性

サイトの表示速度は、かなり重要な要素として考えられています。
一般的には、ページに訪れてから2秒以内に表示されないと離脱率が大幅に増えるとも言われ、8秒以内に表示されなければほぼ全ての人が離脱してしまうとさえ言われています。

どんなにがんばっていい記事を書いたとしても、サイトの表示速度が遅いだけで、全く読まれない文章となってしまうことも。。。
それだけに、表示速度を改善していくことは重要なのです。(もちろんコンテンツの充実が最優先だとは思いますが、、、)

Gzipの圧縮設定方法

.htaccessの設定

Gzipの圧縮にはいくつか方法があるようですが、今回は.htaccessへの記述を紹介します。

設定は、簡単!!
FTPソフトで.htaccessファイルを探し、下のコードを追加してください。

(注意)
.htaccessは重要なファイルです。
事前にバックアップを取るなど対策を忘れずに。
※カスタマイズは自己責任でお願いします!!

追記した.htaccessファイルをサーバへアップロードしてください。

動作確認の方法

以下のサイトで、Gzipが有効になったか確認することが可能です。

GIDZipTest (Gzipテストツール)

(使い方)
サイトが表示されたら、「web page url」に確認したいサイトのアドレスを入力してCheckボタンを押すだけ!!

今回の方法は、コードをコピペするだけの簡易なものですので、まだ設定されていない方は、参考に設定してみてください。