この記事の所要時間: 155

サイト制作をする際に、面倒な作業のひとつにOGP設定があります。
地味ながら便利なオンラインツール『HEY META』を紹介します。

OGPタグ生成ツール『HEY META』について

『HEY META』でできること

『HEY META』は、OGP系タグを生成してくれるオンラインツールです。

OGPとは、、、

 OGPとは、Open Graph Protocolの略で、FacebookやTwitterでシェアするときに出てくる画像やサマリー情報を規定するものです。
 OGPを使って画像やタイトル、説明文を設定することで、共有されたユーザーへの訴求力が高まり、アクセス数を増やし、より多くのユーザーに記事を見てもらうことを目的としています。WEBで情報発信する上では、必要不可欠な設定となっています。

『HEY META』の使い方

サイト(http://www.heymeta.com/)にアクセスし、生成したいサイトを指定すると、必要な情報をひっぱってきてくれるので。必要箇所に修正を加え、タグの生成ボタンを押すだけ!生成されたサイトに生成されたタグを貼り付けて完了です。
地味に面倒な作業なので、簡単に設定ができるため、サイト制作の場合には、ブックマークしておくといいと思います。

参考)必要なOGPタグについて

必須項目

  • “og:title” ページのタイトルです
  • “og:type” ページの種類です(website,blog,article等)
  • “og:image” サムネイルとして表示する画像を設定します
  • “og:url”  WebページのURLです

任意項目

  • “og:description”  Webページの説明文です
  • “og:site_name”  サイト名です
  • “og:email”  連絡先を設定します
  • “og:phone_number”  連絡先を設定します
  • “og:locale”  サポートしている言語を設定します。日本語のみの場合は「ja_JP」と設定します

OGPが正しく記述できているかについては、以下のツールで確認することができます。
https://developers.facebook.com/tools/debug/