この記事の所要時間: 236

無料のブログサービスが沢山提供されていたり、レンタルサーバを借りた際にもサブドメインが無料で利用できたりと、単純にサイトを運営する上では必要なさそうなのが【独自ドメイン】

サイトを運営する上で独自ドメインを持つといいらしいのですが、いまいちピンとこなかったので、自分なりに意見も踏まえて簡単にメリット・デメリットまとめておきます。

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメイン取得のメリット

自分のサイトアドレスを管理できる

独自ドメイン取得とは、簡単に言い換えると『自分専用のアドレスを持つ』ことです。

一般的に無料のブログサービスやレンタルサーバを借りた際に使えるドメインは、【サブドメイン】と呼ばれるものです。サブドメインによるアドレスは、あくまで、それぞれのブログサービスやレンタルサーバからの借り物となります。
このため、ブログサービスの停止やサーバを引っ越し・解約した場合には、それまで使用していたアドレスを失うことになります。

また、アドレスが変わってしまうということは、それまで積み重ねてきたGoogleなどからのサイト評価が一からやり直しになってしまうということも意味します。

独自ドメインの場合は、自分のアドレスとなりますので、サイトの移行やサービス終了の場合も他のサーバにデータを移しかえることで、同じアドレスで継続することが可能となります。

2)SEO上のメリットが得られる

Googleは同一ドメインのページを検索結果に乗せる件数を制限しているようです。
つまり、同じ検索ワードで検索した時に同一ドメインで表示するのは何件と決まってしまっているのです。

仮に内容が優れていたとしても、使用しているドメインを理由に、検索に引っかからない場合もあるのということです。
この面からも独自ドメインの取得は有効なSEO対策手段と言えるでしょう。

独自ドメイン取得のデメリット

1)維持コストがかかる

メリットの多い独自ドメインですが、取得には当然お金がかかります。
無料ブログサービスなどが多い中で、年間1,000円程度とはいえコストがかかるのは大きなハードルとなります。

2)煩雑な導入設定作業が必要

取得しただけで勝手にいままで使ってたサブドメインから勝手に切り替わるわけではありません。
最初だけですが、小難しい設定をしなければならないのも、導入に対するハードルなります。

おまけ)サイトに愛着が持てるようになる?

コストや手間もかかりますが、独自ドメインを取得することで得られるメリットは、長期になればなるほど大きくなります。本格的にウェブサイトを考えるのであれば、独自ドメイン取得は検討してみてもいいと思います。

また、極個人的な感覚ですが、独自ドメインを取得してオリジナルのアドレスを使用するようになると、サイト自体に愛着が湧いてきませんか?

もちろんSEO対策も重要ですが、オリジナルのアドレスを得られることでサイト運営のモチベーションが大きくあがれば独自ドメインを取得する価値は十分にあるのではないかと思います。