プログラミング学習をスタートして最初に必ず目にするのが、「Hello World!」の文字列(リテラル)を表示させるプログラムです。
今回は、Pythonプログラミングの第一歩となる「Hello World!」の出力と、Print関数について紹介します。

Pythonで「Hello World!」を出力する

ターミナルを起動し、対話モードで以下のように入力して[Enter]キーを押して下さい。

print('Hello World')

すると下の段に入力した文字が表示されると思います。

>>> print('Hello World')
Hello World

PythonではPrint関数を使うことで丸カッコ内に指定した引数の文字列表現を出力することができます。

また、直接print関数の中に記述する以外にも、変数に代入した上で、出力する方法もあります。

>>> word = 'Hello World' 
>>> print(word)
Hello World

文字列リテラルの記述

Pythonで文字列を記述する場合、ダブルクォーテーション(“)もしくはシングルクォーテーションで囲います。
ダブルクォーテーションとシングルクォーテーションで処理の違いはありません。どちらかというと、シングルクォーテーションを使う方の方が多いようです。

“text”
‘text’

クォーテーションで囲わずに文字列だけ記述すると、文字列リテラルではなく、変数や数値として扱われます。

‘text’ # 文字列
text # 変数
‘2019’ # 文字列
2019  # 数値

print関数

print関数は、Pythonプラグラミングを学習する中で、最も使用する機会が多い関数の一つです。

print関数の基本

print関数は、組込み関数(公式ドキュメント参照)のひとつで、引数に指定した値の文字列を出力します。

print('text') # 'text'が出力される 
x = 'text'
print(x) # 'text'が出力される
y = 2019
print(y) # 2019が出力される

print(x, y) # text 2019が(スペース区切りで)出力される

一番下のように、値をカンマ区切りで指定した場合、スペース区切りで出力されます。

print関数で改行させない

print関数では、自動的に改行が行われます。改行させたくない場合は、以下のようにend引数を指定します。

# text1234と出力されます 

print('text' end='')
print('1234' end='')

上記のコードでは、空白を指定していますが、end=' 'を使うことでスペース等を指定することも可能です。

文字列結合

複数の変数を続けて表示する場合は、+記号で文字列を結合することができます。

x = 'text'
x2 = '文字列'
print(x + x2) # text文字列が出力される

# 文字をスペースで区切る場合は、' 'を間に挟まないといけない
print(x + ' ' + x2)
# text 文字列が出力される

ただし、文字列リテラルと数値を結合させる場合は、str関数で数値を囲む必要があるため、注意が必要です。

print('今年は' + str(2019) + '年です。')

文字列の中でクォーテーションを使う

文字列リテラルの中で、シングルクォーテーションまたはダブルクォーテーションを使う場合は、囲ったのに使用したクォーテーションとは異なるもう一方のクォーテーションを使用します。

例えば、I’m Mike.(私はマイクです)という文字を出力する場合、

‘I’m Mike.’

全体を囲ったシングルクォーテーションの中に、シングルクォーテーションが使われているため、SyntaxErrorとなります。
この場合、外側のクォーテーションをシングルクォーテーションからダブルクォーテーションに変えると正しく出力できます。

“I’m Mike.”

また、別の方法としてエスケープシーケンス(\)を使用する方法があります。

‘I\’m Mike.’

内側のシングルクォーテーションの前にバックスラッシュ(\)を入力することで、正しく表示することができます。
エスケープシーケンスについては、別の機会に紹介します。

途中で改行する

長い文章を出力する場合、文の途中で改行したくなります。その場合は、改行コード\nを入れるかもしくはシングルクォーテーションを3つ'''つなげることで、改行を表現した状態で出力できます。

print('じゅげむじゅげむ\nごこうのすりきれ\nかいじゃりすいぎょの\nすいぎょうまつ\nうんらいまつ\nふうらいまつ')

print('''\
じゅげむじゅげむ
ごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょの
すいぎょうまつ
うんらいまつ
ふうらいまつ'''

上記の2つは同じ出力結果になりますが、長い文章の場合は、下の例のようにクォーテーション3つで記述したほうが見やすいプログラムになると思います。

コメントアウト

事例中ですでに使用していますが、Pythonのコメントは#を使用します。#以降の文字列は処理されません。

ーー

少し長くなりましたが、Pythonプログラムの第一歩「Hello World」の出力方法とprint関数について紹介しました。