ブログ運営で多くの方が利用しているGoogle Search Consoleですが、エラーがでると頭を抱えます。

今回は、先日届いたカバレッジエラーへ “送信されたURLにnoindexタグが追加されています” への対処法がわかりましたので紹介します。

Search Consoleへの登録がまだの方は、以前の投稿を御覧ください。

Search Consoleの登録手順について

エラーの原因

今回届いたエラーは、「送信されたURLに noindex タグが追加されています」
文字通り「インデックスしないよう」設定されているページをインデックス使用とした結果のエラーです。

対象のURLを見てみると原因のURLは sitemap.html だそうです。
sitemap.xmlではなく、html。そんなURL登録した記憶ありません。。。

 

ただ、XML用のサイトマップについては、Wordrpessのプラグイン「Google XML Sitemaps」で行っているため、このプラグインの設定に問題があるようです。

対処方法

WordPressのプラグイン 「Google XML Sitemaps」 の設定画面を開くと、下の方に原因となる設定がありました。

HTML形式でのサイトマップを含む」のチェックボックスがオンになっていました。
このチェックを外した状態で更新すればOK。あとは、エラーが解消するまで数日かかるため、気長に待つのみ。

Googleのロボットは、xmlしか見ないため、sitemap.htmlが含まれる必要は特にありません。正直、チェックした覚えもなく、見つけるのに苦労しました。デフォルトで有効となっているようです。

まとめ

Search Consoleから届いたカバレッジエラー「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」への対処法を紹介しました。
原因としては、Google XML Sitemaps の設定で、「HTML形式でのサイトマップを含める」が有効になっていることで発生するものでしたが、同様に別のプラグインでも起こりうるかと思います。

同じカバレッジエラーが発生している場合は、同様の設定項目がないか確認して対処してください。