サイドバーなどウィジェットを使ってカテゴリ記事一覧を表示したいときってありますよね?
プラグインを使わない方法もありますが、テーマファイルをいじるのは少し抵抗があります。
そんな方に向けて、今回は「Category Posts Widget」を紹介します。

「Category Posts Widget」とは

Category Posts Widget」とは、ウィジェットを使って記事の一覧を表示させることができるWordpressのプラグインです。ウィジェット毎で、表示するカテゴリーを分けたりできるため、使い勝手に優れます。

任意の場所に記事一覧を表示するプラグインには、「NewPost Catch」や「Display Posts」などありますが、自分の環境だとうまく動作しませんでした。

使い方

インストール方法

通常のプラグインと同様に、まずはプラグイン画面で「Category Posts Widget」と検索し、インストール & 有効化します。

プラグインを有効化すると、ウィジェットの設定画面に「Category Posts」が選らべるようになっています。

あとは任意の表示箇所にドラッグすればOK。
ちなみに、当サイトの一番上の記事は、このプラグインを使って表示させています。

プラグインページ:Category Posts Widget

設定方法

設定箇所はいくつかありますが、まず最低限必要な設定部分を紹介します。

1.Title
・ウィジェットタイトルの表示非表示
・任意のタイトル名

2.Filter
・表示するカテゴリー選択(全カテゴリー もしくは 特定のカテゴリ1種類)
・表示する記事の数
・表示順(日付/タイトル名/コメント数/ランダム)

3.Post details
・Displayed parts
右上にある「+Add Placeholder」から表示する項目を追加します。
各パーツに対しても、CSSスタイリングが可能なので、余白や文字サイズの調整もできます。

・Thumbnail settings
画像の表示サイズをpx単位や縦横比、メディアに登録してある画像サイズから設定できます。

一番下の 「Everything is a link」のチェックを入れると、タイトルや抜粋文なども含めリンク化されます。

まとめ

WordPressのプラグイン「Category Posts Widget」を紹介しました。
設定箇所が一見たくさんあるように見えますが、使い勝手がよく、比較的自由度も高いと思います。
カテゴリー毎の記事一覧を表示させたいと感じていた方、一度使ってみて下さい。