Pythonの勉強のために利用しているJupyter notebookですが、マウス操作だとどうしても作業が遅くなります。少しでも作業を楽にするため、ショートカットキーを調べてみました。

Jupyter Notebookのインストール方法については、以下の記事に書きました。

Jupyter Notebookの導入方法

コマンドモードとエディットモード

JupyterNotebookの画面には大きく「コマンドモード」と「エディットモード」の2つがあります。
最初はわかりづらいのですが、コードセルの左側に色付きのバーがあり、バーの色によって操作対象を見分けることができます。

まず、バーが青色のときですが、コマンドモードを表します。コマンドモードのときは、コードセルの追加や削除、並び替えなど、コードセル自体を操作することができます。

また、バーが緑色のときは、エディットモードとなり、インデントや入力補助のショートカットを利用することができます。

コードセルががコマンドモードになっている場合は、「Enter」を押すことで、エディットモードに。逆に、エディットモードになっている場合は、「Esc」を押すことでコマンドモードへ切り替わります。

ショートカット一覧

ショートカットキーを紹介します。まだ覚えきれていない部分もありますが、使いこなせればかなり作業スピードもアップすると思います。

ちなみに、ショートカットキーは、コマンドモードで「H」を押すことで表示させることができます。

ショートカット動作
[Enter]セルをエディットモードへ
[Esc]セルをコマンドモードへ

コマンドモードでのショートカット

コードの実行

ショートカット動作
[Control] + [Enter]セルのコードを実行
[Shift] + [Enter]セルのコードを実行後下のセルを選択
[Option] + [Enter]セルのコードを実行後、下に新しいセルを追加

入力タイプの切り替え

ショートカット動作
[Yl]code タイプに切替
[M]markdown タイプに切替

セルの追加・削除

ショートカット動作
[K] or [↑]ひとつ上のセルを選択
[J] or [↓]ひとつ下のセルを選択
[A]セルを上に追加
[B]セルを下に追加
[X]選択しているセルを切り取り
[C]選択しているセルをコピー
[V]ひとつ上のセルにコピーを貼り付ける
[Shift] + [V]ひとつ下のセルにコピーを貼り付ける
[D],[D]選択したセルを削除
[Z]直前に削除したセルを元に戻す

エディットモードでのショートカット

ショートカット動作
[tab]コード補完、インデント
[⌘] + ]インデント
[⌘] + [インデントを消す
[⌘] + [A]全選択
[⌘] + [Z]元に戻る(undo)
[⌘] + [Y]やり直す(redo)
[Control] + [M]コマンドモードへ切替
[Control] + [Enter]コードを実行
[shift] + [Enter]コード実行後、下のセルを選択

最低限押さえておきたいっショートカット

特に自分が使いやすいと思うもの紹介します。

コマンドモードのおすすめ

ショートカット動作
[shift] + [Enter]実行後、下のセルを選択
[Y]code モードへ切替
[M]markdown モードへ切替
[A]セルを上に追加
[B]セルを下に追加
[D],[D]セルを削除
[⌘] + [S]保存

エディットモードのおすすめ

ショートカット動作
[Tab]コード補完
[⌘] + ]インデント
[⌘] + [インデントを消す
[Control] + [M]コマンドモードへ切替
[Shift] + [Enter]コードを実行後、下のセルを選択

まとめ

Jupyter Notebookのキーボードショートカットを紹介しました。覚えるのは最初大変ですが、かならずメリットがあると思います。
まずは、よく使うものからひとつずつ覚えていってください。