Macでスクリーンショットを撮ると、デフォルトの設定ではデスクトップに保存されるようになっています。
このため、気づくとデスクトップがゴチャッとなっていることもしばしば。

今回は、そんなMacのスクリーンショットの保存先を任意の場所に変更する方法を紹介します。

スクリーンショットの使い方

まずは、スクリーンショットを撮るためのキーボードショートカットは以下のとおり。

ショートカット 内容

[⌘] + [Shift ] + [5]撮影用のオンスクリーンコントロールを表示
[⌘] + [Shift ] + [3]画面全体をキャプチャ
[⌘] + [Shift ] + [4] → [space]選択したウィンドウをキャプチャ
[⌘] + [Shift ] + [4]選択範囲をキャプチャ
[⌘] + [Shift ] + [6]Touch Bar をキャプチャ

参考:Mac でスクリーンショットを撮る方法 – Apple サポート

保存先を変更するコマンド

スクリーンショットの保存先を変更するには、Macのターミナルを使用します。

ターミナルの起動

まず起動方法ですが、Dock(画面下のアイコンメニュー)からターミナルを選択してください。
Spotlight検索では、「た」もしくは「t」と入力し候補から選択してください。

設定用コマンドの実行

ターミナルの画面が起動したら、以下のコマンドを入力してください。

defaults write com.apple.screencapture location ~/XXXX

~/XXXXの部分は、保存したいフォルダのパスに合わせて変更してください。

 

ちなみに、「ピクチャ」フォルダを保存先に設定する場合は、以下のようになります。

defaults write com.apple.screencapture location ~/desktop/pictures

また、保存したいフォルダを 〜location のあとにフォルダをターミナルへドラッグすると、パスが自動で追記されます。

上記のコマンドを実行したら、続いて以下のコマンドを実行して有効化します。

killall SytemUIServer

これで設定は完了です。実際に保存先が変更されているか確認してください。

初期設定に戻したい場合

保存場所を初期設定(デスクトップ)へ戻したい場合は、以下のコマンドを実行してください。

defaults delete com.apple.screencapture locationkillall SystemUIServer

 

まとめ

いろんなサイトからネタ集めしたり、情報収集していると、つい増えてしまうスクリーンショットの画像。とりあえずキャプチャすることも多いと思いますが、どうしてもデスクトップがゴチャっとしてしまいます。
保存先を変更することで、画面をスッキリさせることができ、作業効率もUPすると思います。

ターミナルでコマンドをコピペするだけの簡単作業ですので、この機会にぜひ変更を!