黒い画面によくわからない文字ばかり。CUIの操作は、プログラマーなら当たり前ですが、苦手意識を持っている方も少なくないでしょう。

しかし、そんなターミナルを使いこなせれば、一気に作業が早くなるんです。とても便利ではじめから用意されているツールは使わないのは勿体ありません。

今回は、簡単なコマンド、作業効率を上げるコマンドについて紹介します。

ターミナルとは

Mac OSに標準搭載されているツールです。Windowsでは同じような機能の「コマンドプロンプト」があります。

普段PCを操作する場合には、マウスによる操作が多いとは思いますが、これはGUI(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)と呼ばれる操作方法となります。

これに対して、ターミナルはマウスの操作の代わりにコマンドを打つ(キーボード入力)ことで、操作するCUI(キャラクター・ユーザ・インターフェース)と呼ばれる操作方法となります。

ターミナルの操作方法

まず起動方法ですが、Dock(画面下のアイコンメニュー)からターミナルを選択してください。
Spotlight検索では、「た」もしくは「t」と入力し候補から選択してください。

起動すると、黒い画面に英数字が表示されていると思います。この英数字は端末のホスト名などが表示されていますが、最初のうちは、気にしなくても問題ありません。

そして、基本は「$」が付いているところから入力するものだと覚えておきましょう。これから紹介するコマンドも、「$」から入力してください。

ターミナルの基本的なコマンド

どのサイトでも入門者向けに説明されている簡単なコマンドを紹介します。

以下のコマンドは、使う順番に合わせて記載しておきます。

1. pwd

今どこにいるのかを教えてくれるコマンドです。
ちなみに、pwdは「print working directory = 今いる場所をプリントしなさい」の略です。

$の後に「pwd」と入力してEnterすると、Macにログインしているユーザ名が表示されます。これは、ログインした初めの階層にいることを表しています。

2. ls

今いる場所にあるファイルを一覧表示してくれるコマンドです。ちなみにlsは「list」の略です。

$の後に「ls」と入力しEnterすると表示されます。ログインした直後の状態だと、その中に「Desktop」や「Document」「Downloads」などFinderで見かけるフォルダが同一の階層にあることを表しています。

また、lsの後ろに -a のオプションをつけてEnterすると、隠しファイルも表示せることができます。

3. cd

ディレクトリ(=フォルダ)を変えるコマンドになります。ちなみに「change directory」の略です。
「cd desktop」のようにcdの後ろに半角スペースを入れてディレクトリを入力してEnterすると、そのディレクトリへ移動します。

4. mkdir

ディレクトリを作成するコマンドです。「make」directory」の略です。
「make 〇〇(フォルダ名)」とコマンドすると、ディレクトリが作成されます。

5. touch

空のファイルを作成するコマンドです。「touch (ファイル名)」のようにファイル名を指定して使用します。

6. mv

ファイルの移動に使用するコマンドです。「move」の略です。
「mv (移動するファイル名) (移動先のディレクトリ)」でファイルの移動ができます。

7. rmdir

ディレクトリの削除を行うコマンドです。「rmdir (ファイル名)」で削除できます。「remove directory」の略です。

ただし、空のディレクトリの場合しか削除はできません。ファイルがある場合は、次に紹介するrmを利用します。

8. rm

ファイルの削除を行うコマンドです。「rm (ファイル名)」で削除できます。
複数のファイルを削除する場合は、「rm (ファイル名A) (ファイル名B)」のように半角スペース空けて並べて入力します。

また、オプション -r を使用することで、ディレクトリの削除もできます。

作業効率を上げるコマンド

続いて、少し応用的ですが、作業効率UPにつながるコマンドを紹介します。

どれもよく使うコマンドなので、覚えておいて損はないです。

9. find

名前のとおり、検索用のコマンドです。ディレクトリ名を検索すると、そのディレクトリと配下にあるファイル名が表示されます。

「find (ファイル名、ディレクトリ名)」のように使用します。

オプション 「-type d」では、ディレクトリのみを検索対象に、「-type f」では、ファイルのみを検索対象とすることができます。

また、オプション「-name」を使用すれば、一部しか名前がわからないファイルやディレクトリの検索もできます。この場合は、\*のようにワイルドカードを使用します。

10. grep

ファイル中の文字列を検索して表示するコマンドです。
「grep (検索文字列)(ファイル名)」でファイル中にある文字列を検索できます。

複数条件の場合は、「grep (検索文字列)(ファイル名)| grep (検索文字列2)」のようにパイプでつなぎます。

まとめ

ターミナルのコマンドは、プログラマーだけでなく、普段ターミナルを触ることのないような方やWebデザイナーなどのフロントエンド開発を行う方にとっても、操作を効率的にする便利なツールです。

多少の馴れと、学習が必要ですが、これを機会に見につけて効率化を図ってみてはいかがでしょうか。