pyenv + venvで仮想環境を構築しましたが、いろんなサイトでJupyterNotebookの利用がオススメと書かれていたため、自分も導入してみました。

Condaを利用した導入の説明が多かったのですが、pipでもインストール可能なため、今回はpipを使ったJupyterNotebookの導入方法紹介します。

参考サイト
Project Jupyter | Installing the Jupyter Software

Jupyter Notebookとは

Jupyter Notebook は、ローカル環境で動作するノートブックアプリです。
以下のような特徴を備えています。

・ブラウザを操作して利用
・Python3のプログラム実行
・Markdownでのメモ機能
・PDFやHTMLへのエクスポート機能
(デフォルトの拡張子が .jpynbのため注意が必要)

Jupyter Notebook (読み方は「ジュパイター・ノートブック」または「ジュピター・ノートブック」) とは、ノー トブックと呼ばれる形式で作成したプログラムを実行し、実行結果を記録しながら、データの分析作業を進めるためのツールです。

プログラムとその実行結果やその際のメモを簡単に作成、確認することができるため、自分自身の過去の作業内容の振り返りや、チームメンバーへ作業結果を共有する際に便利なほか、スクール形式での授業や研修などでの利用にも向いています。

引用: Jupyter Notebook を使ってみよう – Python でデータサイエンス

たとえば、Matplotlibで出力したグラフをノートブック内に表示させることもできるため、統計分析や機械学習等の場での利用が多いようです。

Jupiter Notebookの導入法

まずは、pipを最新のバージョンに上げる

$python -m pip install -U pip

 

続いて、Jupyter Notebookのインストールを行う

$python -m pip install -U jupyter

 

インストールが完了したら、起動するか確認

$jupyter notebook

 

こんな画面が立ち上がればOKです
終了する場合は、右上の「Quit」ボタンを押してください。
なお、ブラウザを閉じてしまった場合は、ターミナルから「Ctr + C」で終了できます。

pipを利用したJupyter Notebookの導入方法紹介しました。
具体的な使い方等は、少し馴れた段階で書いていきたいと思います。