毎日触るわけではないため、いざ、操作しようとした際にコマンドを忘れていてあたふたすることがよくあります。
pyenvでよく使うコマンドをまとめました。備忘録としてお使いください。

1.現在のバージョンを表示

$pyenv version

 

2.インストール済みのPythonのバージョン一覧を表示

$pyenv versions

 

3.インストール可能なバージョン一覧を表示

$pyenv install -l

 

4.Pythonのインストール ( 3.XX)

$ pyenv install 3.X.X

 

5.Pythonのインタープリタのデフォルトバージョンを設定する

$pyenv global 3.X.X

 

6.pyenv_testという名前の開発環境を作成

$pyenv virtualenv 3.X.X pyenv_test

 

7.pyenv_testをアクティブにする

$pyenv activate pyenv_test

 

8.アクティブになっている開発環境を終了する

$pyenv deactivate