サイトのリニューアル後、ところどころ設定を見直ししていますが、以前やったはずのことが全然覚えていなくて正直困りました。
そんな反省を踏まえ、今回は、サイト運営に必須と思われる「サーチコンソール」の設定方法について書いておきます。

サーチコンソールとは?

設定方法以前に、そもそもサーチコンソールってなに?何ができるの?という方も少なくないのではないでしょうか?
サーチコンソールは、正式名は「Google Search Console」で、Googleの検索結果をもとにしたアクセス解析ツールです。

Web解析ツールでは、アナリティクスというものも有名ですが、解析の視点が異なります。

<アナリティクス>
サイトを訪れたユーザーが「どこから来て」「どのページを見て」「どのくらい滞在したか」がわかります

<サーチコンソール>
検索結果に対して自分のサイトが「どんな検索キーワードで」「どれほど表示されて」「どれだけクリックされたか」がわかります。

SEO対策を考える上で、サーチコンソールは非常に貴重なデータソースとなります。
無料で使えるツールです。ぜひ、登録しておきましょう!

サイト登録の流れ

① サーチコンソールへログインした状態で、左上のメニューから「プロパティの追加」をクリックする

 

② 追加したいプロパティのドメインを入力

特定のアドレスのみ登録する場合は、右側のURLプレフィックスでの追加も可能ですが、SSLと通常のサイトなど複数登録する手間を考えれば、
できればドメインの所有権確認を使った登録の方をおすすめします。

 

③ 表示されるTXTレコードをメモする

 

④ サーバのDNS設定画面に、先程メモったレコードを入力する

※エックスサーバの場合
ホスト名:空欄のままでOK
種別  :TXT
内容  :事前にメモしたレコードを貼り付ける
優先度 :そのままでOK

記入が終わったら、右下の確認画面へ進んでください。

 

⑤ しばらく時間をおいてから、サーチコンソールのプロパティ設定で、所有権の確認ができたというメッセージが表示されていればOK

 

まとめ

ブログ、特にアフィリエイト等の副業的な位置づけのサイトを運用する場合、SEO対策は必須項目だと思います。
いくらいい記事を書いたところで検索に引っかからないと知られることすらないので、宝の持ち腐れになってしまいます。

どんなキーワードで、サイトが見られているのか、いざ対策をしようと思ったときに困らないように、まずは、登録だけでも済ませておくことをおすすめします!